2007年10月18日

異論続々も“剛腕”小沢「イヤなら離党」波紋

民主党の小沢一郎代表は10日、党機関誌などで提唱したアフガニスタンの国際治安支援部隊(ISAF)への参加について党内若手などから異論が出ていることについて、「イヤなら離党する以外にない」と断言した。小沢氏としては政党政治における“正論”を述べた形のようだが、今後の党内対立の火種にもなりそうだ。

 「多数で決めたことは党の方針に従って行動しなければ党人ではない。イヤなら離党する以外ない」。小沢氏は10日の記者会見で、きっぱりと言い放った。



ゲーム問題となっているのは、小沢氏が今月に入って党機関誌や月刊誌で、海上自衛隊へのインド洋での給油活動に反対する一方、ISAFへ武力行使も含めて参加する考えを示したことだ。

 政府・与党から「武力行使は憲法からして認められない」(石破茂防衛相)と批判が出る一方、民主党内からも「党内で決めた事実は確認していない」(枝野幸男元政調会長)などと反対の声が起きていた。

 民主党の前原誠司元代表は同日夜、都内のホテルで開かれた公開討論会で「正直、小沢代表と私の認識は違う。党内で意見集約はまだだ」としたうえで、「旧民主党の議員には小沢代表の考え方に違和感を覚える人間はかなりいる」と公然と異論を唱えた。

やはり、考え方はそれぞれ違うもので強制はできない。
党内で一致させたいとはいえ、やり方がどうなのかと
思う。

もとは自民にいた小沢だけにいつ戻るような
動きをするかもわからない。実際、民主で求心力を
つけたあと、自民から戻るよう打診もあったという
記事もあったと思う。


給油活動に反対しながら、ISAFへ参加すると
表明したことは、なにかスッキリしない。

なにか哲学などあるにせよ、自身の考え方は
完全ではなく決して有意義な表明ではない
ということは確かだ。
posted by きじさん at 09:37| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとサザンが復活?!・・
Posted by これは事実でしょうか? at 2010年03月22日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 15:19

菅氏「天才的マジシャンの小泉さんにだまされないで」…東京5区で街頭演説
Excerpt: 自民党の小泉純一郎元首相(66)と民主党の菅直人代表代行(61)が 22日、次期衆院選の候補予定者応援のため東京5区に入り、 講演や街頭で支持を訴えた。     &..
Weblog: ニュース拾い読みそして日記なるもの
Tracked: 2008-05-25 13:25





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。