2007年08月10日

「本当に申し訳ない」 首相、久間発言で改めて陳謝

安倍首相は9日、長崎市の平和公園で記者団に対し、米国の原爆投下を「しょうがない」と述べて辞任した地元選出の久間章生前防衛相の発言について「多くの被爆者の心を傷つけたことに対し、本当に申し訳ない思いでいっぱいだ。

核廃絶に向け、こうした核の惨禍が二度と起こらないよう全力を尽くしていく」と改めて陳謝した。大臣の不適切発言が相次ぎ、安倍首相も責任問題が大きく取り沙汰されている。
謝罪は当然のことだが、当の本人の久間防衛相が、あまり責任を感じていないのは
どうなのか?と思ってしまう。

自民の求心力のなさが見えてきたが、逆に民主が
どれだけできるのか、政策を立案し実行していくことができるのか、大きく問われている。


郵政民営化案を戻す動きもあるが、本当にそれで良いのか、野党が単に、一党の反対勢力の
代変え案をなんとかテーブルへ出したという事でなく、本気で、取り組む必要が
あるだろう。
posted by きじさん at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ニュース全般の記事を募集しています。

出会い、アダルトは禁止ですが、ニュースに関連した、いろんなカテゴリの記事、募集します。
Posted by ニュース全般トラバセンター at 2007年08月10日 16:42

トラックバックセンターを各種、紹介しています。ニュース記事も、随時、掲載していきますので、よかったら、お越し下さい。
Posted by ニュース記事、よく見ています at 2007年08月10日 18:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。